「もうダメだ」と人生をあきらめている方へ

スポンサーリンク

 

d9093a34289a7f753cdc1f6dfbb7557b

 

こんばんは、アユムです。

 

きっかけがどうであれ、ひきこもりが長期化すると、

「脱出するのはもう無理」

「私の人生は終わっている」

とあきらめてしまう人もいるかもしれません。

 

でもこのブログを見てくれているということは

心のどこかでは「まだあきらめていない」

ということではないでしょうか。

 

私自身、何度となく人生をあきらめました。

何度も絶望しました。

でも結局本心からあきらめきれなかったんです。

 

人生を諦めたつもりで、
廃人のような生活を続けていても、

 

何かのタイミングで、

「この状況、やっぱりなんとかしたい」

って思うんです。

 

そして、再び、

ひきこもりから脱出するために、

社会復帰するために、

もがき始めます。

 

挫折→絶望→奮起→挫折→絶望→奮起→・・・・

数えきれないほどこれを繰り返しました。

 

繰り返したおかげで、
人生どん底の時期が長引きました。

 

今はなんとか脱出して、社会復帰しましたが、
引きこもり期間がムダに長引いてしまったのは、
もったいなかったという気持ちもあります。

 

今振り返って思うことは、

「決してあきらめてはいけない」

 

使い古されたフレーズですが、
やっぱりそう思います。

 

「あきらめる」=「自分の限界を自分で作っている」

ということです。

 

「未来の自分自身を、
過去の自分の延長上にしか見ていない」

ということです。

 

引きこもりに限らず、多くの人が、
これまでの経験、今まで歩んできた人生を元に、
自分の将来を予測します。

 

過去の経験から、未来を予測し、

「自分には無理だ」「自分にはできない」

と思ってしまいます。

 

そして、

「自分には無理だ」「自分にはできない」

繰り返し思うほど、自分の限界は強化されていきます。

そして本当にできなくなります。

 

でも一方で、少数派ですが、「そう考えない人たち」がいます。

「無理だ」「できない」とは考えません。

 

「どうやったらできるか」

のみに集中し、

何度も失敗を繰り返しながら、

結果的に圧倒的な成功をおさめます。

 

ですから、

なかなか難しいことだとは思いますが、

「自分にはできない」と思うのはなるべくやめた方がいいです。

 

「今からだってその気になれば何だってできる」

と自分を信じることが、

自分の限界を打ち破る第一歩になります。

 

「無理だ」「できない」と、

人生諦めたり悩んだりする時間を、

「自分ならどうやったらできるか」

を考える時間に振り替えてみてください。

 

私の場合、

昔は「絶対無理だ」と思っていたことが、

「自分にできるわけがない」と思っていたことが、

今は普通にできるようになっています。

 

ホントそんなもんなんです。

 

ただ、そういうことが、
苦しい時は見えていないだけです。

 

今何歳だろうと、

これまで何年引きこもってこようと、

引きこもりから脱出することは誰でも可能です。

 

ですから、

「人生あきらめる」ことだけはやめましょう。

 

「自分はどうやったら脱出できるか」

だけに集中して、

失敗を恐れず何度も何度も行動していきましょう。

 

スポンサーリンク