頑張り過ぎると逆効果になることもある

スポンサーリンク

ganbaru

 

 

こんばんは、アユムです。

すみません、久しぶりの更新になりました。

 

 

引きこもりから脱出するには、

行動しなければなりません。

 

引きこもりから脱出後も、

社会復帰し、自分らしく生きていくために、

行動しなければなりません。

 

でも、その行動を頑張り過ぎると、

逆効果になることもあります。

 

 

今日はそのことについて、

私の経験から学んだことをお話します。

 

 

「今現在自分なりにいろいろ行動してる。

一生懸命頑張ってるけど、

なかなか上手くいかない。辛い、苦しい。」

 

という方にとっては、

参考になるかもしれません。

 

 

 

私が引きこもりを繰り返していた頃は、

自分に大きな負荷をかけていました。

 

「毎朝2キロジョギングしよう」

「とりあえず今のバイトは週5、できるだけシフトに入ろう」

「この先やりたいことの勉強は毎日3時間」

「週に1冊は本を読もう」

「人と会ったら必ず挨拶しよう」

「毎日誰でもいいから一人、知らない人に声をかけてみよう」

などなど・・・

 

自分でいろんなルールを決めて、

スケジュールも結構キツキツに入れていました。

 

 

特に引きこもりから脱出した直後などは、

やる気がみなぎってます。

 

だから最初は頑張れるんだけど、

でも頑張り過ぎちゃうんですね。

 

 

もう一つ、

「引きこもって遅れた分を取り返したい」

という気持ちがすごく強かったんです、いつも。

 

 

親や周りからはいつも言われていました。

「いきなり無理し過ぎなんじゃない?」

 

 

でも私はいつも、
「いや、大丈夫。ホントもう大丈夫だから。」

と言って無理をし続けました。

 

 

結果的にどうなったかというと・・・

 

ことごとく失敗しました。

 

失敗をするたびに、

「やっぱりオレはダメなんだ」

と、ひどく落ち込みました。

 

頑張れば頑張るほど、

ダメだった時の反動は大きいです。

 

「これだけ頑張ってるのにダメなのかよ・・・」

 

結局それがキッカケで、

また引きこもることになります。

 

頑張ったのにできなかった。

自分なりに精一杯、一生懸命やったのにできなかった。

 

こんな思いを繰り返し、頑張れば頑張るほど、

結果的に前以上に自信をなくしていきました。

 

 

「普通の人達は、頑張れば頑張った分だけ前に進んでいくのに、

それが普通なのに。。。

俺の場合はまったく逆。

頑張れば頑張るほど後退してしまってる」

 

 

今でもハッキリその時の心境を覚えています。

何度も本気でそう思い込んでいました。

 

 

「普通の人にはできることが

私にはできないんだ。。。」

 

長い間、そう思い込んでいました。

 

でもそれは、まさしく

「思い込み」でした。

 

 

引きこもりから復活し、

それなりに自分らしく生活できている今、

当時苦しんでいた頃の私に言いたいことは、

 

「やりすぎ」

「頑張りすぎ」

「無理しすぎ」

 

長い引きこもりから脱出して、

体や頭ががなまっている状態で、

頑張り過ぎるのは、負担が大きすぎます。

 

無謀すぎます。

 

できるわけないんです。

 

 

たとえば、足を骨折して入院していた人が、

退院してギプスが取れた直後に、

「もう大丈夫!」と言って、

いきなり100メートルダッシュするようなもんです。

 

骨がやっとくっついたばかりなのに、

寝たきりで筋肉も落ちまくってるのに・・・

 

いきなり全速力で走らないでしょう?

そんなの無謀でしょう?

 

そんな無茶をして、途中でコケて、

前よりひどい大ケガして、

 

「こんだけ一生懸命走ったのに・・・

やっぱり俺には走るのは無理なんだ・・・」

って絶望してたら、

 

「オイオイ!いやそれは違うでしょ!」

ってツッコみたくなるでしょう?

 

 

引きこもりから脱出するときも同じです。

 

以前の状態に戻るには、

リハビリが必要なんです。

 

 

引きこもりから脱出するために、

いきなり頑張り過ぎるのは、

かえって良くない場合もあるということです。

 

でも逆に言えば、

リハビリさえちゃんとすれば、

また以前のように、生活できるようになるんです。

 

 

私が今ここまで復活できているのは、

考え方を変え、無理をしすぎるのをやめたからです。

 

自分の状態を見ながら、

負荷をかけ過ぎないようにしてきたからです。

 

言い換えると、

途中で挫折しにくいよう、

ゆるい感じで(笑)頑張ってきたからなんです。

 

「俺はこれでオッケー♪」と、

自分で今の自分を受け入れ、

無理なく自分のペースで、

そして自分の責任で行動してきました。

 

ペースはゆっくりでも、

無理をし過ぎて、引きこもりと絶望を

繰り返した頃に比べれば、信じられないほど飛躍しました。

 

「信じられないほど」です。

 

昔の私を知らない人に、

長い間引きこもってたことを話すと、

みんな口をそろえて、

「ウソだ、信じられない」

と驚きます。

 

 

私だからじゃありません。

誰でも「信じられないほど」

変われるんです。

 

 

焦らず行きましょう。

 

少しずつ頑張っていきましょう。

 

 

結局一番大事なのは、

少しずつでもいいから、

「決してあきらめずに続けること」

なんです。

 

 

「そんなこと言ったって、

年齢的にもう時間がないんです。」

 

お気持ちはよくわかります。

私もまったく同じ気持ちだったので、

ついつい無理を繰り返しましたから。

 

私とは違い、頑張り切ることができて、

良い結果が出るなら全然オッケーです。

 

いきなり目一杯頑張って、それで上手くいけば、

それがあなたにとって正解です。

どんどん頑張ってほしいです。

 

でも、頑張りすぎて上手くいかなかった時、

何度頑張っても上手くいかないと悩んだ時、

上のような私の経験談も、少し考えてみてもらえればと思います。

 

いずれにせよ、これからのあなたの人生は、

あなた次第でいくらでも良くなります。

 

絶対にあきらめず、

少しずつでも前に進んでいきましょう♪

 

ではまた!

 

スポンサーリンク