【はじめに】30代40代で引きこもりから脱出し社会復帰を目指す貴方へ

2015-07-17

スポンサーリンク

 

このブログは、トータルで10年近く引きこもった私、アユムが、
「30代40代で引きこもりから脱出し社会復帰したい人」のために、
役立つ情報、参考になる情報を提供していくものです。

 

私自身、20代後半から、挫折と引きこもりを繰り返してきました。

ひきこもりから立ち直っては失敗、
そしてまた引きこもるということを何度となく繰り返しました。

 

失敗する度にどんどん自信をなくしていき、
行き着いたところは「絶望」です。

最後の引きこもりは4年間まるまる、誰とも接触せず、
完全に外界をシャットダウンし、言葉すら発しない日々を過ごしました。

 

短期・長期合わせ延べ10年近く引きこもりを経験しましたが、
今現在の私は、引きこもりから脱出するだけでなく、
完全に社会復帰することができています。

 

40半ばにしてようやくですが、

「もう引きこもることは2度とない」

「今の自分なら、これから自分らしくしっかり生きていける」

と、確信を持つことができたのでこのブログを書き始めました。

 

なぜ「引きこもりを繰り返した末、絶望のどん底状態」から、
今のように「自分らしく生きる」ことができるようになったのか。

私がこれまでに経験してきたこと、
そして学び、実践してきたことを中心にお伝えしていきます。

 

私の場合、20代最初の引きこもりから、
完全に引きこもりから脱出できたと確信できるまで、
なんだかんだで20年以上かかりました。

でも、本来ならそんなに長い時間は必要ありません。

 

私が長い時間かかっても完全に立ち直ることができなかったのは、
そのほとんどの期間が「ムダな悪循環の繰り返し」だったからです。

「上手くいかない考え方」で「上手くいかないやり方」を繰り返したところで、
いつまでたっても状況が良くなるわけがありません。

逆に、自分にとって「上手くいく考え方」「上手くいくやり方」を見つけさえすれば、
完全に社会復帰するのにそれほど時間はかからないはずです。

 

・どうやったら引きこもりから脱出できるのか

・引きこもり中はどんな事をすればいいのか

・脱出してもうまく行かない時はどう考えればいいのか

・どうしたら良い人間関係が築けるのか

・どうしたら楽に生きることができるのか

・これから何を生きがいにすればいいのか

・どうやったら自分らしく生きられるのか

 

私の経験も交えてお伝えしていきます。

 

ただし・・・

このブログは、
「世の中のすべての引きこもりの人に役立つ内容」ではありません。

 

引きこもりと言っても、年代、性別、生まれ育った環境、
引きこもった原因など、様々なパターンがあります。

 

それらの中で、私が役立つ情報をお伝えできるとすれば、

30代、40代で引きこもっている人で、
「過去の私と同じような経験、感情を持った方」

が中心になります。

 

私がもしタイムマシンに乗って、
昔苦しんでいた自分に話しかけることができるのなら・・・

挫折と引きこもりを繰り返していた自分、
人間関係に悩み、もがいていた自分、
人生に絶望し、生きる意味を見失った自分に向けて

・今の私にできるアドバイスは何なのか
・どう説明したら理解してくれるのか
・なにを伝えれば、引きこもりを脱出する決意と、これからの希望を持ってもらえるのか

そういった視点で、自分にできる限りの情報を伝えていきます。

 

私と同じ年代の方、同じような環境、
同じような感情を持って苦しんでいる方に参考になれば幸いです。

 

もちろん、20代の方でも50代60代以上の方でも、
私のブログの内容に共感できる部分、役立つ部分があれば
参考にしてもらえるとうれしいです。

 

ひきこもりにかぎらず、

「人生何歳からでもやり直せる」

そう私は確信しています。

 

引きこもっていると、どうしても悲観的になりがちですが、
どうか自分を信じ、あきらめずに行動し続けていただければと思います。

 

スポンサーリンク