気力・勇気がわかないのはなぜか~その1「体力がないから」

2017-01-23

スポンサーリンク

 

「引きこもりから脱出したいけど、
頑張ろうという気力が今ひとつわいてこない。。。」

「新しいことにチャレンジしたいけれど、
何故か気がすすまない。。。」

 

こういうことって、
誰しも経験があると思います。

特に引きこもりや鬱の場合は、
そう感じることが多いかもしれません。

 

私自身も、復活した今でも
そういう風に気力が出ないことがあります。

「行動力の源となるモチベーションを
上げるにはどうしたらいいんだろう?」

って何百回思ったことかわかりません(笑)

 

今日はそのことについて、
私が経験上感じていることをお話します。

 

実は最近メルマガの読者さんからも、
同じような質問をいただきました。
(プライバシー保護のため一部内容を変更しています。)

 

アユムさん、初めまして。
30代の引きこもり中の男です。

ずっと鬱で苦しんできたのですが、
マインドフルネスや軽い有酸素運動をやった甲斐もあり、
少し精神状態が良くなってきました。

新年も明けたので、
以前からやってみようと考えていた
仕事に挑戦してみることにしたのですが、
どうも心に栄養が足りないせいなのか、
新しいことにチャレンジする力、
勇気が今ひとつ沸いてきません。

失敗してもかまわないから、
とりあえずやってみようという
前向きな気持ちになれる方法を知りたいです。

 

マインドフルネスや有酸素運動をして、
精神状態が良くなってきたのは、
ほんといいことですね。

 

そして、自分を変えるために、
前に進むために、
実際に行動していることも
素晴らしいと思います。

 

それでも、
仕事など肝心なことになると気力がわかない。

 

この気持は良くわかります。

 

ここからは、私の持論です。

共感できる場合もあれば、
できない場合もあるでしょう。

これが正解というわけではないので、
一つの意見として聞いてもらえればと思います。

 

気力が出ない大きな原因は、
私は以下の2つだと考えています。

 

一つは「体力が落ちている」こと。

 

もう一つは、
「心のどこかで自分は変われないと諦めている。」
ことです。

 

(1)体力が落ちている

 

私はこれまで、引きこもっている最中も、
引きこもりから脱出して頑張っている時も、

 

「なんでこんなに気力がわかないんだろう」

と、何度となく悩んできました。

 

今でもたまにあります。

若い頃の自分、引きこもる前の自分と比べたら、
やる気がかなり落ちてしまっています。

 

それを解決するために、ずっと、
「モチベーションを上げる方法」
などを模索してきました。

 

でも、最近ようやく、
その考え方が間違っていたことに気づきました。

 

モチベーションとかいう前に、
そもそも「自分の体力が落ちている」ことが、
気力のわかない大きな原因だったんです。

 

基本的な体力がなければ
気力も湧いてきません。

 

体力が落ちると、
やる気がなくなるだけでなく、
ネガティブ思考にも陥りがちになります。

 

普段体を動かしていないと、
確実に体力が落ちてきます。

それとともに、気力も落ちてきて、
思考もネガティブになっていくんです。

 

私はそれを今まで何度も経験してきて
身をもって実感してきました。

 

外で体を動かす仕事をしている時や、
定期的に運動をしている時は、
そうでない時と気力が全然違います。

 

長年引きこもっていた時は、
体力がどん底まで落ちていたので、
気力どころか絶望感でいっぱいの毎日でした。

引きこもりから脱出しても、
体力がないのですぐに疲れてしまいます。

 

体力がないのでやる気も継続せず、
すぐに辛くなり、ネガティブになり、
「なんで自分はこんなに弱いんだ」
と、何度も自分を責めてきました。

 

でもそれは間違いでした。

 

「自分自身が弱かった」のではなく、

ただ単に、

「体力がなかった」から。

 

派遣で肉体労働作業を続けているうちに、
だんだんと体力がついてきて、
それに伴い、気持ちも以前に比べて
上がっていきました。

 

 

毎日体を動かし、食事もしっかり食べる。
そして睡眠もたっぷり取る。

これを継続することで、
基礎的な体力がついてきます。

 

体力がつくと、朝の目覚めは良くなるし、
起きている時の意識はハッキリしているし、
一日の気分が全然違ってきます。

 

基本的な体力がなければ、
気力も上がってきません。

気力や勇気がわかないという方は、
まずは是非体力をつけることをやってみてください。

 

引きこもりを続ければ続けるほど、
室内で動かないので、
体力は確実に落ちているはずです。

 

また30代以上になると、
何もしなければ、どんどん筋力が衰えていきます。

 

ですので、引きこもっている方は特に、
せめて体力が落ちないように、
また復活を視野に入れれば、
できるだけ体力も復活させるように、
定期的な体力づくりを意識してください。

 

私自身も現在は自宅内で仕事することがほとんどなので、
体力が落ちないよう、筋トレやウォーキング、
そして時々一人でダンスも踊っています(笑)

 

中でもできるだけ毎日やろうと努めていることが、
毎朝日光を浴びながらのウォーキングです。

 

朝の日光を浴びることで、
体内時計がリセットされ、
規則正しい生活ができるようになります。

 

また日光を浴びると幸せホルモンの
セロトニンが増えるので、
鬱の改善にも効果的です。

 

最近いろんな本を読んでも、
ウォーキングは体力づくりに
とても理想的な運動だと言われています。

 

引きこもりの人は、
人の多い朝外に出るのは難しいかもしれませんが、
人気の少ない早朝などにウォーキングなどしてみてはどうでしょうか。

 

外でウォーキングをしなくても、
室内でスクワットをするのもいいですし、
段差を使って踏み台昇降をするのも、
いい有酸素運動になるそうです。

もちろん、私のように
一人ダンスもオススメです(笑)

 

これらの運動は室内でテレビを見ながらでも
やれることです。

引きこもり中でも体力をつけるために
是非チャレンジしてみてください。

 

いずれにせよ、
気力を上げたいと思ったら、
体力づくりを意識してください。

たとえ今引きこもっていても、
うつ病で辛い思いをしていても、
体力がつけばいくらかは確実に改善するはずです。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

長くなってしまったので、
「気力の出ないもう一つの原因」
については、次回のブログでお話します(^_^;)

→気力・勇気がわかないのはなぜか~その2「変われないとあきらめている」

 

それではまた!

 

スポンサーリンク