こんばんは、アユムです。

 

引きこもっている人は、多くの場合、
自分が引きこもっていることに負い目を感じているのではないでしょうか。

 

引きこもってはいけないことはわかっている

甘えていることはわかっている

引きこもっていても何の解決にもならないことはわかっている

 

周りが言うことは痛いほどよくわかっているんです。

わかっているけど・・・

 

身体が動かない。

外に出るのが怖い。

外でやっていける自信がない。

自分にはもう無理・・・

 

引きこもっていた時の私はこんな感じでした。

 

なんだかよくわからないけど、
自分の中で矛盾した気持ちが交錯しているようでした。

 

心の中では、

「なんでオレの気持ちがわかってくれないんだ」

と、誰かを責める一方で、

 

自分自身に対しては、

「最低なやつ」

「いつまで親に甘えてるんだ」

「一般的な同年代の人と比べて俺は何やってんだ」

「自分のことしか考えてないよな」

など、自己卑下をしまくっていました。

 

当然自分のことが大嫌いでした。

 

今振り返ってみて、ものすごく感じることですが、

自己卑下、自分のことを自分で悪く言うのは

絶対にやめた方がいいです。

 

自己卑下することには何のメリットもありません。

自分を責めれば責めるほど悪い方向に向かいます。

 

自分を責めることで、行動できるというのなら、
それもありかもしれませんが。

 

でもほとんどの人は以前の私のように、
自己卑下すればするほど行動できなくなるでしょう。

 

それはなぜか。

 

これも今だから言えることですが、

 

それは、自己卑下をしながらも、
「本当の自分」はそう思っていないからです。

 

そう、当時はよくわからなかったんですが、
自分の中で矛盾しているんです。

 

心の奥底ではそう思っていないのに、
一般的な常識や世間の風潮、周りの意見に照らし合わせて、
自分を見てしまっています。

 

「本当の自分」と「たてまえの自分」がズレまくってるんです。

 

だから身体が動かないんです。

 

「親に甘えている」と本心から思っていれば、

→「よし、外に出て自立しよう」

となります。

自発的なので行動も積極的になるでしょう。

 

ところが、本心は違うのに、たてまえの自分が、
世間的に「甘えている」という意見を優先させると、

→「外に出て自立しなければならない」

となります。

「~しよう」ではなく「~ねばならない」になります。

 

だから行動しようと思っても、
最初の一歩がなかなか踏み出せません。

頑張って行動し始めてたとしても、
「~ねばならない」だと、だんだん苦しくなっていきます。

 

そりゃそうです。

だって「自分の本心」じゃないんだから。

 

頭ではわかっていても、なかなか行動できないのは、

心のどこかに、

「いや、でも・・・」という気持ちがあるからです。

 

実はその「いや、でも・・・」の部分が、
一番大切な「自分の本心」です。

 

その「自分の本心」を押さえつけたまま、
「~ねばならない」に合わせようとするから無理があるんです。

 

「じゃぁどうすればいいの?」

 

その「自分の本心」の部分を抑えこまずに、
一旦すべて吐き出した方がいいです。

 

そして、それを一旦全部受け入れてください。

 

「引きこもりは甘えている、だから外に出て自立しなければならない」

 

「いや、でも・・・・」

 

(自分の本心)

「もうこれ以上つらい思いをしたくない」

「正直外に出るのがこわい」

「世間の目に耐えられない」

「外にでても上手くやっていけるか不安」

「どうやって働けばいいか、どう人と付き合えばいいかわからない」

「また同じ失敗をするに決まってる」

「なんどもやり直そうとしてダメだったんだからもう無理だよ」

 

人それぞれ、いろんな感情があるでしょう。

 

それらをすべてさらけ出して、
そのすべてを自分で受け入れてください。

 

すべて肯定してください。

 

それが世間的に甘えてると言われるようなものでも全部肯定です。

 

絶対に否定しちゃダメです。

 

なぜなら、それが「あなた自身」だからです。

 

たとえ、周りの全員が敵だとしても、
あなただけは「あなたの味方」であるのが当然です。

 

それなのに自分の本心を自分で否定するから矛盾が生じるんです。

 

あなたの本心がどんなものであろうが関係ありません。

良いとか悪いとか、ジャッジする必要ありません。

常識も道理も道徳も関係ありません

 

あなたがそう感じてるのだからそうなんです。

 

あなたはそれをしっかり受け止めてください。

 

「あ、本当の自分はこう感じているんだ」

そこをしっかりと認識し、肯定すればいいだけです。

 

そこからがスタートです。

 

自分の今の気持ちを100%受け入れ、肯定した上で、

「じゃぁどうしようか?」

と考えていけばいいのです。

 

【A】自分の本心には耳を貸さず、押さえつけたまま、
「自立しなければならない」と考えて行動する

【B】自分の本心を受け入れた上で、
「自立しよう」と自発的に行動する

 

この2つには天と地ほどの差があります。

 

他人に相談してアドバイスをもらうとき、

【A】自分の気持ちや考えを頭ごなしに否定して
「だからダメなんだよ」と正論を押し付けてくる人

【B】自分の言いたいことを最後まで聞いて理解してくれた上で、
「だったらこういう方法もあるんじゃない?」と、
こちら側の立場で考えてくれる人

 

あなたならどっちの人の言うことを素直に聞けますか?

 

あなたの一番の理解者は「あなた自身」です。

 

だから、あなたの本音はすべて吐き出し、
すべて受け入れ、肯定した上で、
次の解決策を考えていってください。

 

こういう人がいるかもしれません。

 

「自分の本心を受け入れるということは、
引きこもっていたい自分を肯定することで、
それじゃ引きこもりが長引くだけなんじゃないの?」

 

いえ、違います。

 

あなたの本心は「引きこもっていたい」ではないはずです。

本当の本心は「外に出てもっと自分らしく生きたい」はずです。

 

でもそれがうまくできないから、
「つらい思いするなら引きこもってる方がまし」と思ってるだけじゃないですか?

 

自分自身に何度も問いただして、

自分の本当の本心、本音の部分を聞いてあげてください。

 

人があなたにケチをつけるのは勝手です。

でもあなたがそれを受け入れる必要はまったくありません。

 

周囲の大多数の意見に流されて、
本当は思ってないのに、ついつい受け入れてしまうから

だんだん苦しくなってきます。

自分らしく生きれなくなります。

 

いつも、本当の自分はどう考えているか、

どう感じているかを意識するようにしてください。

 

長くなってしまいましたが、
それだけ基本的で、それだけ大切なことなので、
いろんな角度から考えて書きました。

 

引きこもりから脱出するために、
少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った 
  • 普通 
  • 役に立たなかった