こんにちは、アユムです。

今日は私が根本から変わることができた
ある言葉を紹介します。

 

「他人と過去は変えられない」

「変えられるのは自分と未来だけ」

 

私が変わることができた一つの要因は、
この言葉を理解し、体に覚えこませることができたからです。

 

スポンサーリンク




変えられないものを変えようとするのは無駄だし疲れるだけ

元々はエリック・バーンという
有名な精神科医の言葉なんだそうです。

この考え方は広く浸透していて、
「他人と過去は変えられない」で検索すると、
たくさんの情報が出てきます。

 

他人を変えることはできません。

言い換えると、基本的に、
「他人を自分の思うようにコントロールすることはできない」
ということです。

 

たとえば、他人が自分のことを理解してくれないと
ストレスがたまります。

「なんでわかってくれないんだ」

と、嘆き、悲しみ、怒り、

「どうにかしてわかってもらおう」

と、考え、行動しがちです。

 

ですが、どれだけ思い悩んだところで、
ほとんど自分の思うようにはなりません。

あとに残るのはただただ疲労感のみ。

 

そんな思いをしたことはありませんか?

 

「他人をどうにかしよう」とするのは、
ハッキリ言って時間とエネルギーの無駄です。

 

「過去は変えられない」

 

過去についても同じです。

これまで長い間ひきこもってきたことを、
どれだけ後悔しても、
過去の時間は戻ってきません。

 

その気持ちは私もすごくわかりますが、
どれだけ思い悩んでも、
そこからは何も生まれず、
ただ時間を浪費し、神経が消耗するだけです。

 

他人や過去にこだわることが、
どれだけ無駄なことかということに
まずは気づいてほしいと思います。

 

思考停止に陥って前進できない

「他人と過去は変えられない」

「今自分がこうなっているのは、○○のせいだ」

と、自分以外のもののせいにする事は簡単です。

 

ですが、それは裏を返せば、
自分以外のもののせいにすることで、
そこで結論づけてしまい、思考が停止しまうことでもあります。

「本当は自分に原因があるんじゃないか」と考えたり、
「今自分にできること」を考え、
解決しようとしなくなる危険があります。

これではいつまでたっても改善しないし、
自分で前に進んでいくことができません。

 

たとえばイジメが原因でひきこもったとします。

自分だけでなく、他の誰から見ても
どう考えてもイジメた奴が悪いという場合。

たとえ本当にそうだとしても、
そのイジメた奴を変えようとすることは困難です。

 

「自分がひきこもったのはあいつのせいだ」

と、どれだけ憎んでも、どれだけ恨んでも
どれだけ「謝れ」と責めたところで、相手が変わることはまずありません。

 

「他人は変えられない、じゃぁどうしようか」

と考えることで、
例えば相手の来れない場所に引っ越して新たに生活を始めるなど、
解決策を考え始めます。

 

他人を変えようとすることは無駄だと理解し、
「じゃぁ自分はどうすればいいのか」
と、そこに集中することで
自分の力で前に進んでいくことができるようになります。

 

私の過去の経験、そして今日の経験

私自身も、本当に長い期間、
同じ失敗を何度も繰り返してきてようやく分かりました。

自分が苦しんできたのは
いつも周りのせいや人のせいにしてきたからなんです。

 

そして、どうにもならない過去を
ずっと引きずっていたからです。

 

それがわかってから
気持ちがかなり楽になりました。

 

これまで、どれだけ無駄な時間をすごしてきたか
ということが身にしみてわかりました。

 

「変えられるのは自分と未来だけ」

「じゃぁどうすればいいんだろう」

と、自分の考え方や行動を変えることだけに
集中できるようになりました。

 

タイミングよくというか、

実は、このブログを書いている今日も、
仕事で思うようにならないことがありました。

正直一瞬イラッとしました。

 

ただ、すぐに思い直しました。

「あ、これは他人の行動であって
自分にコントロールできるものではない」と。

「自分でコントロールできないものを
どうにかしようと悩むのは、時間とエネルギーの無駄でしかない。」

「それよりも、今自分に何ができるかを考え、
そこに集中しよう」と。

 

そう考えると、気持ちが
スーーッと楽になり、今目の前のやるべきことに集中できました。

 

こういう経験をこれまで何度もしてきてるので、
間違いありません。

 

「自分にコントロールできないことに
フォーカスするとしんどいだけ」

「自分にコントロールできることに集中する」

これが心から理解できると、本当に楽になります。

 

毎日唱えて体に覚え込ませましょう

そんなこと言ったって、
すぐにはそう考えられないかもしれません。

 

ふだんからできるだけ意識しておくとか、
何かあるたびに思い出すようにしてください。

「他人と過去は変えられない」
「変えられるのは自分と未来だけ」

毎日何度でも唱えてみてください。

逆説的ではありますが、

 

こうやってあなたに伝えても、
結果として、私にはあなたを変えることはできません。

「他人と過去は変えられない」んです。

 

今日の内容を読んだあなた自身が、
本気でそう思い、変わることしかできません。

それでもいいと思って、
私はこのブログをこれからも続けていきます。

 

この考え方が定着すると
心を落ち着かせるのに、ホント効果てきめんですよ。

絶対オススメなので、
ぜひとも今日から意識して生活してみてください。

 

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った 
  • 普通 
  • 役に立たなかった