こんにちは、アユムです。

ひきこもりから脱出したいと思ったら、
その準備段階として、
ひきこもり中にできることがいろいろあります。

健康回復
体力づくり
生活習慣の改善
コミュニケーションの練習

などなど・・・

ただし、これらはすでに考えが前向きになり、
「ひきこもりから抜け出したい」
と、積極的に行動したい人向けです。

一方、まだこの段階に至らず、
絶望感でふさぎ込んでいる状態だったり、
無気力でまだ何も考えられないという状態だと、
上にあげた準備なんてやる気すら起こらないでしょう。

ただ、そんな人でも、
このブログを読んでくれているということは、
心のどこかで「今の状況を何とかしたい」と思っているはず。

そういう人に向けて、たった一つ、
今からでも是非やっていただきたいことがあります。

それは、

「窓のカーテンを開けること」

です。

■日光を浴びると精神が安定する

たったこれだけでいいんです。

ひきこもっている人は、
窓のカーテンも閉めきっていることが多いと思います。

わたしもひきこもり中、
カーテンはずっと閉めっぱなしでした。

外から見て、
夜起きていることが知られるのが嫌だったので、

カーテンの隙間から室内の光が外に漏れないよう、
更にガムテープなどで目張りをしたこともありました。

もう、完全にシャットダウンです。

「(家の)外を一切見たくない」
「自分がいることも外に知られたくない」

そんな気持ちでした。

その頃を振り返ってみて、
今ハッキリと言えるのは、

「太陽の光を遮断すると、
気分の落ち込みが一層ひどくなる」

ということです。

うつ状態に拍車がかかります。

部屋に光が入らない状態で、
物事を考えてもすべてマイナス思考になってしまいがちです。

逆に、日光を浴びるだけで、
精神が安定し、鬱やストレスを和らげます。

これらの違いは「セロトニン」という物質に関係しています。

■幸せホルモン「セロトニン」の効果

ご存知の方も多いと思いますが、
日光を浴びることで「セロトニン」という
脳内物質が多く分泌します。

セロトニンは「幸せホルモン」とも言われており、
多く分泌すると、精神的にも落ち着き、
前向きに考えられるようになります。

逆にセロトニンが不足すると、
気分の落ち込みが激しくなったり、
無気力状態に陥ったりします。

ひきこもりを脱出するためには、
まずは精神の安定が必要で、そのためにも、
セロトニンの分泌を増やすことはとても重要です。

そのセロトニンを増やす方法はいろいろありますが、
手っ取り早く、かつ効果が大きいのが、

「太陽の光を浴びる」

ということです。

■カーテンをほんの少し開けるところから始めよう

「窓のカーテンを開ける」

「太陽の光を取り込む」

たったこれだけのことですが、
やるかやらないかで随分変わります。

別に外の景色が見える必要はありません。

すりガラスやレースカーテンしたままでもいいので、
少しでも太陽の光を部屋に取り込んでください。

ひきこもっている時は、
「カーテンを開ける」という行動すらも
きついことかもしれません。

でも、今のつらい気持ちを少しでも和らげたいのであれば、
是非カーテンをほんの少し開けるところから始めてみてください。

ほんと、少しずつでいいので、
できるだけ太陽の光を浴びて、
気分の落ち込みを減らしていきましょう。