「ひきこもっていてつらい、悲しい」

「もういい歳なのにひきこもりから抜けられない」

「毎日が虚しい」

「自分のことが大嫌い」

「誰も自分のことをわかってくれない」

「これから自分はどうなっていくんだろう・・・」

「どうやったらひきこもりから抜け出せるんだろう」

「どうやったらもっと楽に人生を生きられるんだろう」

 

現在ひきこもっていて、
あなたと同じように思っている人、
あなたと同じような考えを持っている人は
世の中にたくさんいます。

 

そういう人が現実にたくさんいるとわかると、

「自分一人だけじゃないんだ」

って気が楽になりませんか?

 

そういう人をまだ知らないということであれば、
是非探してみてください。

 

同じ気持を共有できることは大切です。
それと、自分と同じような気持ちでも、
将来に対する考え方は少し違うかもしれません。

 

そういう人たちの意見を聞くと、
固執していた自分の気持ちや考えが
いい方向に変わっていくことがあります。

 

スポンサーリンク




私がひきこもり中、利用していた場所

私がひきこもっていた頃も、
インターネットが使えました。

 

いろいろ検索して、
自分と同じような人たちがいる場所を見つけました。

 

私がひきこもり始めの頃よく使っていたのは
「ヤフーチャット」という場所です。

2015-05-05_14h34_22
※現在はサービス終了しています。

 

いろんなカテゴリに分かれていて、
共通の話題を持った人どうしが、
文字だけでおしゃべりできるというものです。

 

その中に「メンタルヘルス」という部屋があり、
私はそこをよく利用していました。

 

複数チャットなので、
自分が無理に話す必要はありません。

他の人達が話している会話を見ているだけでもOK。
気が向けば自分も会話に参加できるというシステムなので気楽でした。

 

最初はずっと、いろんな人の会話を見ているだけでした。
それだけでも自分にとってはすごく参考になりました。

・自分と同じようにつらい人

・自分よりももっとつらい気持ちの人

・病気の症状が重い人

・自分と同じようにひきこもっている人

・社会に出ているけど精神的にギリギリで踏ん張っている人

など、いろんな人がいました。

 

ここに来ると、

「苦しんでいるのは自分だけじゃないんだ」

と、それだけで気持ちが楽になりました。

 

lgi01a201310111400

 

 

 

 

 

 

■「自分以外の人」が自分を変えてくれます。

そのチャット部屋に行き始めた頃、
新鮮に感じたことがあります。

 

それは、みんなそれぞれに悩みを抱えているにもかかわらず、
会話が暗いというわけでなく、いたって普通だということです。

 

もちろん誰かが深刻な悩みを相談している時は、
それなりにみんな対応します。

 

でもそうでないときは、どこにでもある普通の会話です。

冗談も笑いもありました。

 

「みんなつらいのに、意外にあっけらかんとしてるな~」

その時はなんか不思議な感覚だったのを覚えています。

 

最初は会話を見るだけだったのが、
チャットに通い続けているうちに、
少し会話をしてみるようになり、
思い切って自分のことを相談するようになりました。

 

さらに人の相談を受けて自分の意見を言ってみたり、
なにもない時は趣味の話をしてみたりと、
だんだんと自分自身がいい方向に変わっていきました。

 

すごいことです。

これは部屋の中で自分一人で考え込んでいたって
絶対にできないことです。

 

「自分と同じような状況、同じような気持ち人」がいることを知り、
「状況は同じでも考え方は自分と違う人」もいるとわかったからです。

 

「自分以外の人たち」に刺激を受けたからこそ、
少しずつ自分が変わっていったんだと思います。

あの時があったからこそ今の自分があると思うと、
ヤフーチャットで話をしてくれたみなさんにはとても感謝しています。

 

ヤフーチャットは終了しましたが、
今はそれに変わるサービスがたくさんあります。

私はひきこもりの最後のほうでミクシイもしていました。
ミクシイは現在も多くの人が利用しているサービスです。

https://mixi.jp/

 

私は今はまったくやっていませんが、
先ほど少しミクシイを覗いてみると、
関連するようなコミュニティがたくさんありました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=358056

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1207293

 

現在もまだ自分がひきこもっていたら、
きっとこういうところを利用したと思います。

■「自分に合った」情報を探しましょう

いろんな人の意見や考えに耳を傾けてください。

・同じひきこもりの人

・同じ世代の人

・ひきこもった原因が同じの人

・今の気持ちが自分と同じ人

 

それ以外にも、

・専門のカウンセラー

・ひきこもりのサポートをしてくれる団体の人

・以前ひきこもりの経験がある人

などの意見も参考になるかもしれません。

 

私のブログも共感できるところがあれば、
その部分だけ参考にしてください。

 

いろんなタイプのひきこもりの人がたくさんいます。

あたなと似たような経験をしている人もたくさんいるはずです。

ひきこもりに対して、様々な意見や考えがあります。

脱出して社会復帰するための方法もたくさんあります。

 

今この時代、インターネットで調べれば
いくらでも情報は得られるんです。

先ほど紹介したミクシイにかぎらず、
ひきこもりに関するコミュニティもたくさんあります。

 

なんでもいいんです。

要はいろいろ探してみて、
「自分に合ったもの」を選んで参考にすればいいだけです。

 

自分一人で考えていても、答えは堂々巡り。
たいてい悪い方向にいってしまいます。

是非いろいろ検索して調べてみてください。

あなたの中で、共感できる人、ピピっとくる情報に
きっと出会えるはずです。