こんばんは、アユムです。

前回、ひきこもりから脱出するために、
最優先でやるべきことは「健康管理」だと書きました。

一口に健康管理と言っても、やることはいろいろあります。

・朝起きて夜寝るという生活リズムを整える
・朝一番にカーテンを開けて日光を浴びる
・室内でもできる適度な運動または筋トレをする
・食べ過ぎに注意する
・よく噛んで食べる

などなど・・・

とっても基本的なことなんですが、毎日の習慣なので、
これができるとできないとでは、後々大きな差が開きます。

■「習慣」を変えるだけ

そう、すべては「習慣」です。

「良い習慣」と「悪い習慣」に分けるなら、
ひきこもっている人は、今現在
たくさんの「悪い習慣」が身についてしまっています。

・昼夜逆転した生活
・暴飲暴食
・ベッドで寝ながら生活して一切運動しない
・一日中テレビやゲーム、ネットサーフィン

などなど・・・

こういった「悪い習慣」を捨てて、
その代わりに「良い習慣」を身に付ければ、
人生劇的に変わります。

たったこれだけです。

これさえできれば、ひきこもりから脱出できるだけでなく、
どんどん積極的に行動できるので、どんどん生活も向上していきます。

ただ、わかってはいても、
「悪い習慣」をやめて、
「良い習慣」を身につけるのは難しいですよね。

最初のうちはキツイし、時間もかかります。

たとえば禁煙したことがある人は実感してるかもしれません。

しばらくは頑張れるんだけど、
逆にストレスが溜まってしまって
耐え切れずに吸ってしまう。。。

そういった経験を何回、何十回と繰り返してきたことか・・・

まぁこれ、私のことでもあるんですが(笑)

それまで20年タバコを吸ってきて、
途中何十回と禁煙を試みるも挫折。

しかし、今現在は完全にタバコをやめることができました。

やめてからだいぶたったので、
もう今後吸うことはないでしょう。

何回挫折しても、
諦めずに繰り返していれば、必ずいつかは成功します。

■ひきこもりは習慣を変える絶好のチャンスです

実を言うと、禁煙に成功したのは
「ひきこもり期間中」なんです。

お金がなかったからというのもありましたが、
別の見方もあります。

「ひきこもり」という、
すべてが自分の自由になる時間で、
外から受けるストレスもゼロの時期だったからこそ成功したとも言えます。

社会に出ている時は、
それこそ引きこもりたくなるほどストレスを抱えているので、
現状を維持するのが精一杯。

良い習慣なんて、身につかないし、
そういうことを考える余裕すらありません。

ですが、ひきこもり中は、
少なくともそういった外のストレスからは開放されます。

しかも24時間自由なわけです。

だからこそ、その気になりさえすれば、
冷静に考えることもできるし、
「悪い習慣」をやめ、
「良い習慣」を身につけることもやりやすいのです。

そう考えると、ひきこもりって
「とっても貴重なチャンス」
だと思いませんか?

■いつでもいい、少しずつでいい

「24時間フリーだからって
余裕があるわけじゃないんだよ」

もちろんそういう人も多いでしょう。

私自身も、ひきこもり直後、
絶望して布団にうずくまってばかりいる時は、
そんなこと言われたって
「うるせー、知った口きくな、うざい」としか思いません。

そういった悪い状態の人は、
今日の内容はまったく当てはまらないのでスルーしてください。

そうではなく、ある程度時間もたって、
「今の状況をなんとか打開できないかな」
と思い始めた時などに、
上のようなことを考えてみてはどうでしょうか。

ホントいつでもいいんです。

少しずつでいいんです。

今の自分の気持ちが重要なので、
無理はしないようにしてください。

今日の内容を読んで、
落ち着いて考えることができ、
少しでも共感するところがあれば、
自分が本心からそう思えたら、
参考にしてみてください。

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った 
  • 普通 
  • 役に立たなかった