こんばんは、アユムです。

今はできるだけ毎日書こうと思っていますが、
あれよあれよと今日が10記事目なんですね。

自分ながらよく続いていると思います(笑)

 

さて、ひきこもりから脱出するために、
これまでいろいろと大切なことを書いてきました。

本当に大切なことばかり書いてきましたが、
今日お話することは、
今までのどのテーマよりも「圧倒的に」重要です。

もうこれ以上大切なものはないというほど
重要なテーマで、最優先で取り組むべきことです。

 

これだけは、一部のひきこもりの人に限らず、
必ず全員に当てはまることで、
もっと言うと、ひきこもりに限らず
すべての人に当てはまるテーマです。

 

スポンサーリンク




健康を軽視するとひきこもりが悪化する

 

全てにおいて一番重要なのは「健康」です。

 

つまり、
「病気を治療、予防すること」であり
「体力をつけ、健康を維持すること」であり、
「体調をできるだけいいコンディションにもっていくこと」です。

 

「なんだ、そんなことかよ」
「そんなのわかっているよ」

なんて言わないでください。

 

そう言っている人でも、わかってはいても、
きちんと行動できている人はきっと少ないはずです。

「健康が大事」なんて、当たり前のことなのに、
なぜかみんな軽く考えがちなんです。

 

ひきこもっている人の中には、
「健康なんて・・・もうどうでもいいよ」
と思っている人も多いでしょう。

でも「どうでもいい」と健康を軽視することが、
間違いなく今の状況を悪化させます。

 

私のひきこもり生活はムチャクチャでした。

 

私がひきこもっている時は、
とにかく「不摂生の極み」でした。

 

カーテンは閉めきったまま、布団も引きっぱなし。
いつ起きているか寝ているかわからない状態。

 

食事はインスタントラーメン、冷凍食品、菓子パンばかり。
生野菜なんて一切とらない

 

ほぼ1日中、布団の上で横になりっぱなし。
運動なんてするわけない

 

閉めきった室内でタバコ吸いまくり。

部屋はゴミだらけ。。。

 

もうムチャクチャです。

この状態で何年も過ごしました。

 

なんの目的もなく、ダラダラするばかりで、
体調はどんどん悪くなり、いつも頭がボーっとしている状態でした。

 

その時は、現実から逃げたい一心だったので、
自分にとってはその状態がある意味心地よかったのかもしれません。

 

冷静に考えてみてほしいのですが、こんな状態で
「ひきこもりから脱出しよう!」って、前向きに考えられると思いますか?

しんどくても、頑張って行動できると思いますか??

 

私のひきこもり期間が長引いたのは、
明らかにこういった不摂生や悪い生活習慣が大きな原因です。

 

結果的に私は何年もの長い期間、
人生を無駄にしただけでなく、
自らすすんで、肉体的、精神的に大きなダメージを受けました。

 

本当は、少しでも早く気づいて行動を起こすべきでした。

 

ひきこもりに限らず、「健康」や「体調」は、
自分の考えや行動に大きな影響を及ぼし、
その後の人生を良くも悪くも大きく変えてしまいます。

 

30代以上の人は特に気をつけてください。

 

ベタだろうがなんだろうが、
「健康管理」は、ひきこもり中の人全員にとって最重要事項であり、
最優先でやらなければならないことです。

 

病気だったり、体調が悪ければ、
行動する意欲もわかないし、思考や感情もマイナスへマイナスへと向かいます。

 

逆に健康で体調が良ければ、
前向きに考えることができ、エネルギッシュに行動することができます。

 

特にひきこもっている人は、
考え方を改めたり、これまでの行動を改めたり、
今までの自分を変えていかないといけないことがたくさんあります。

 

だからこそ、一般の人よりエネルギーが必要だし、
本来なら、一般の人以上に健康に気をつけて、
体調を良くすることを心がけた方がいいと言えます。

 

健康については、
10代20代の人はあまり気にならないかもしれません。

若いので代謝が大きいし、
しっかり食べてさえいれば筋力や体力も落ちにくいからです。

 

でも、30代以降、40代、50代と年齢が高いほど、
健康がどれだけ重要かということは実感していることでしょう。

30代以降は体を鍛えなければ
筋力、体力を維持することができません。

何もしなければ体の衰退が加速していくので要注意です。

 

長期間のひきこもりから脱出し、社会に復帰した時に、
まずはじめに実感するのは「体力のなさ」です。

体力がないとすぐに疲れますし、
ちょっとでも嫌なことがあるとマイナス思考に陥りがちです。

 

ひきこもりから脱出してから体力づくりを始めるのもいいですが、
できることなら、ひきこもり中に、
健康を管理し、体力を維持しておきたいところです。

健康で体調が良ければ、
ひきこもりから早く脱出できる可能性も高まるでしょう。

 

「朝起きて夜ちゃんと寝る」ことから始めよう

健康・体調を改善していく上で、基本的なことは、
言うまでもなく、

・食事
・睡眠
・運動

の3つです。

 

食事、睡眠、運動の3項目で、
「ひきこもり中でも是非やったほうがいいよ」
と、私からおすすめしたいことはたくさんありますが、

今ここで書くとボリュームが多すぎるので、
後日、1つずつのテーマでお話していきます。

 

ひきこもりの最中だと、
食事と運動は少しハードルが高いかもしれません。

自分の思うように食事を選ぶことはできないかもしれないし、
室内なので、運動もやりにくいからです。

 

一方、睡眠については、
今からでも自分でコントロールしやすいでしょう。

もし今日からでも自分を変えていきたいという気持ちになっていたら、
是非この睡眠から改善していってください。

 

なにをすべきか、簡単にあげると、

・昼夜逆転の生活をしない
・睡眠時間をしっかりとる
・睡眠の質を上げる

などです、

 

少なくとも1番目と2番目は、
今日からでもできるはずです。

 

ひきこもりの中には、
昼夜逆転した生活をしている人もたくさんいると思います。

 

そういう人は、
「朝起きて夜はちゃんと寝る」

是非ここから始めてみてください。

 

「朝起きて夜寝る」
たったこれだけでも、習慣になれば効果を実感できるはずです。

 

生活のリズムが整えば、体調が良くなるし、
考えも前向きに変わってきますよ。

焦らず、少しずつでかまいません。

ちょっとだけ気持ちに余裕ができて、
「なんとかしよう」と、やる気が出たときでかまいません。

「変化する」ことを意識しつつ、
少しずつ行動を起こしていきましょう。