こんばんは、アユムです。

 

私事ですが、今久々に凹んでいます。

どのくらいだろう、何ヶ月かぶりです。

 

症状としては、

・頭がドンヨリと重い

・胸がそわそわする

・何事もやる気が起きない

・なんとなく鬱っぽい

 

明らかにいつもよりもテンション低いです。

 

「なぜ落ち込んでいるのか」

これを考えることはとても大切です。

自分の本心に耳を傾けてください。

 

その本心、本音に対しては、
良いとか悪いとかジャッジは一切必要ありません。

100%、そのまま受け入れて、
そのまま肯定してください。

(参考)
→「本当の自分」を100%受け入れて肯定する

 

今回の私の場合、
なぜ凹んでいるのか、明らかに自覚できています。

今回の原因は「キャパオーバー」です。

仕事、プライベートの両方で、
自分が普段できること以上のタスクを引き受けてしまっているからです。

自分にできるのかどうか、とても不安なのです。

 

私は、落ち込むこと自体は全然OKだと思っています。

本当は落ち込んでいるのに、その気持ちを封じ込めて、

「落ち込んじゃいけない、落ち込んじゃいけない」

と考えると、余計に悪化してしまう可能性があります。

 

だから、落ち込んだ時は落ち込んでもいいんです。

1回自分の気持ちを全部吐き出しましょう。

 

大事なのは、落ち込んだ後に、
「いかに早く立ち直るか」ということです。

 

昔の私は、一度落ち込み始めると、
どんどん悪循環に陥ってしまい、
長い時は、うつ状態が1ヶ月以上続くこともありました。

 

引きこもりから復活してからは、
落ち込む期間ががだんだん短くなっていき、
最近では長くても3~4日、
早い時は次の日には立ち直れるようにまでなりました。

 

今回もおそらく数日で解消するでしょう。

 

落ち込む期間をなるべく短くするためには、
落ち込んだ時の対処法をあらかじめリストアップしておくことをオススメします。

 

例えば、私の場合、

【対処法】

・根本的解決 → やることを減らす ムダな時間を削って割り当てる

・寝る → 十分な睡眠を確保することで自律神経のバランスが整います。

・運動して汗を流す → ジョギングやジムなどで軽く汗を流すと意外にスッキリします。

・朝しっかり起きて朝日を浴びる → 朝日を浴びることでセロトニンの分泌を促します。

・マインドフルネス瞑想 → 自分の本心に気づくことができます。

・風呂にゆっくり浸かる → 自律神経のバランスを整えます。

・心許せる友人などに今の気持ちを打ち明ける 
 → 自分の気持ちを話すことで少しスッキリします。

・病院でもらった薬を飲む 
 → 現在は持っていませんが、以前は落ち込んだ時だけ飲むようにしていました。

・ブログなどで発信する 
 → 今この記事を書いているのがまさにそれで、自分の気持ちを整理できます。

 

対処法をたくさん作っておいて、
凹んだその時にひとつずつ丁寧に実行していくことで、
早く立ち直ることができます。

 

落ち込んでいる時は、対処法を思いつくのも大変なので、
このリストは元気なときに作っておきましょう。

 

さて、今日は仕事疲れもあり、
とにかく眠いので早めに寝ることにします。

おやすみなさい^^

 

【8/16追記】その後どうなったか、経過報告をアップしました。

→【経過報告】凹んだ私はその後どうなったか。

 

 

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った 
  • 普通 
  • 役に立たなかった