727e261537db6fd0471f023f6b2af8a72

 

 

こんにちは、アユムです。

 

 

落ち込みの激しい人、

 悲観してばかりでなかなか立ち直れない人、

 鬱っぽい人は、

 一度自分の思考について考えてみてください。

 

 

「出来事」と「感情」の間には、

 必ず「(自分の)思考」が存在します。

 

 

「出来事」

  ↓

 「(自分の)思考」

  ↓

 「(自分の)感情」

 

 

「出来事」と「感情」は決して直結しません。

 

 たとえば、雪が降った時、

 「おお!すげぇ!」って喜ぶ人もいれば、

 「うわ!最悪!」って憂鬱になる人もいます。

 

 たとえば、仕事で上司に怒られた時、

 とにかく辛いという人もいれば、

 上司に対してムカつくという人もいます。

 中には間違いを指摘してくれることに

 「ありがたい」と感謝する人もいるでしょう。

 

 どちらも1つの出来事に対して、

 起きる感情は1つではないということです。

 

 それはなぜかというと、

 出来事と感情の間に

 「(自分の)思考」が入っているからです。

 

 

 【パターン1】

 「雪が降ってる」(出来事)

  ↓

 「雪だるまが作れる、雪合戦できるな」(思考)

  ↓

 「ワクワク」(感情)

 

【パターン2】

 「雪が降ってる」(出来事)

  ↓

 「通勤大変、靴もビショビショになるな」(思考)

  ↓

 「憂鬱」(感情)

 

 こんな感じです。

 

 つまり、同じ出来事でも、

 それに対してどのような思考をするか、

 その出来事をどう考えるかによって、

 感情もまったく違うものになるということです。

 

 

 ・引きこもっている

 ・仕事をしていない

 ・人間関係がうまくできない

 

これらの状況に対して、多くの人は、

「辛い」「悲しい」という感情を持っているでしょう。

 

でも、その感情は出来事に直結しているわけではありません。

今の状況が「自分の思考」を通って、

湧き出ている感情にすぎません。

 

逆に言えば、

「自分の思考」を変えれば、

湧き出る感情も変えられるということです。

 

「自分の思考」は変えられます。

 

「今の自分の思考」=「あなた自身」

ではありません。

 

考え方なんていくらでも変わります。

 

ただ、今のあなたの思考は、

長い間繰り返している分、

習慣になってしまっているだけのことです。

 

あなたが落ち込んでばかりいるなら、

悲観してばかりいるなら、

それはあなたが「悪い思考の習慣」を持っているからです。

 

ということは、

「一人で悩む」

「一人で考えこむ」

ことは、絶対してはいけません。

 

一人だと「悪い思考習慣」を繰り返すだけなので、

さらに落ち込んだり、悲観したりと、

マイナスの感情がどんどん大きくなっていくだけです。

 

→「一人で悩むとマイナス思考になりがち」

 

 

マイナスの感情ばかりが起こる時は、

「自分の思考」を疑ってみてください。

 

辛くて悲しいのは、

「現在のあなたの状況」ではなく、

「現在のあなたの思考」が原因です。

 

 

「じゃぁどうすればいいのか?」

 

(1)まずは、出来事に対する感情は、

  「自分の思考次第だ」ということを理解する。

 

(2)そして「自分の思考」は今からでも変えられるということを理解する。

 

(3)上記理解をもとに、

   これまでの悪い思考から、良い思考に変えていくことを意識する。

   それに基づいた行動をしていく。

 

悪い思考の習慣が身についているので、

それを良い思考の習慣にするには時間もかかるでしょう。

 

そのためにも、良い思考が習慣になるためには、

「できるだけ意識して」「できるだけ行動する」

ことが大切です。

 

 

一人で考えるのはもうやめましょう。

余計辛くなるだけです。

 

「自分の悪い思考習慣」を変える意識を持ちましょう。

自分にとって良い思考習慣に変えてくれそうなものに、

どんどん触れていきましょう。

 

・人の話を聞く

・本を読む

・ネットで情報を集める

・外に出る

・生活のリズムを整える

・部屋の掃除をする

・今までと違う行動をする

 

などなど・・・

 

よければ参考にしてください。

ではまた!