辛いのは「他人のフィルター」で自分を見ているから

スポンサーリンク

 

アユムです。

新年明けましておめでとうございます。

昨年は私のブログを読んでいいただき本当にありがとうございました。

これからも、引きこもり脱出や、うつ病改善のために、
少しでもお役に立てるような情報を発信していきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

さて、新年初めての記事ですが、
メルマガ読者さんからちょっと気になるメールをいただいたので、
今回はそれについて私の考えをお話しします。

※AYUMUのメルマガに興味のある方は是非登録してください。
ブログよりもかなり突っ込んだ内容も書いています(^^)

→メルマガ登録はこちらから

 

いただいたメールは、およそ以下のような内容です。
(個人が特定できるような部分は伏せています)

~~~~~~~~~~~~~~~
(いただいたメールより抜粋)

年始から短期のバイトを始めました。
初日終了から声だし、挨拶、自己紹介は基本だからしっかりやれといわれました。
こんな事もまともに出来ないのかと、沈んでいます。
今年も、前に進むことも出来そうにありません。

~~~~~~~~~~~~~~~

 

私の率直な感想を言いますと、

「その気持ちは私も痛いほどよくわかります。

でもその考え方は明らかに間違っていますよ。」

と言いたいです。

 

「上の人から基本ができてないと怒られる」

「こんな簡単なこともできないのかと
自分が情けなくなる、自己嫌悪になる」

「こんな調子じゃこの先
どれだけ頑張ってもダメなんじゃないか」

 

私自身も、昔引きこもっていた頃、

引きこもりから脱出して、
頑張ろうともがいていた頃は、

同じような気持ちになったことが
どれだけあったことか、
何百回、何千回思ったといっても
ほんと過言ではありません(苦笑)

 

でも今はそういう風には
まったく考えていません。

 

今現在、回復している私でも、
同じような状況はたくさんありますよ。

 

周りから見たら、

「もうすぐ50歳にもなるのに、
こんなこともまだできていないのか」

ということなんていっぱいあるし、
下手すると、

「あの人あんなんじゃダメだね~」

って蔑まれてるかもしれません(笑)

 

でも、他人がどれだけ私のことを
そのように見下しても、

私自身はまったくそう思っていません。

 

今の私が思うことは、

「人が私のことをどう思おうと、
それは人の勝手。」

「その人はそう思ってるんだから、
それはその人にとっては事実なんでしょう。
それは仕方のないこと。」

「でもその人は、私の本当の部分を知らない」

「私は私で頑張っている」

「今の私は以前の私よりも
確実に進歩成長している」

「だからそれは私が自分自身で
認めていればいいだけのこと」

「人にわかってもらえなくてもかまわない」

今の私は、
「胸を張って」こう言えます。

 

まったく同じ状況なのに、
何が違うのか?

 

つまりは「考え方」なのですが、
少し別な言い方をすると、

自分自身のことを、

「他人のフィルター」でなく、

「自分のフィルター」で見ている、

ということです。

 

※フィルターについては、
以前こんな記事も書いているので
参考にしてください。

→「自分の持っているフィルターを変える」

 

自分自身を「他人のフィルター」
で見るから辛いんです。

 

自分のフィルターで見れば、
「自分は今頑張ってる」と、
素直に認められると思うのです。

 

このフィルターについて、
今回いただいたメールの内容と、
照らし合わせてみましょう。

 

”年始から短期のバイトを始めました。”

実際に行動を起こしたことは、
素晴らしいことです。

自分で自分を認め、
褒めてあげるべきことでしょう。

これが自分で自分を見た、
「自分のフィルター」といえます。

 

”初日終了から声だし、挨拶、自己紹介は
基本だからしっかりやれといわれました。”

これは「他人のフィルター」を通して、
他人が言っていることです。

たしかに一般的に考えれば、
声出し、挨拶、自己紹介は、
基本といえるかもしれません。

それはそれで事実として
認めていいと思います。

 

問題なのは次です。

 

”こんな事もまともに出来ないのかと、沈んでいます。”

これはまったくおかしな話です。

自分のことを「他人のフィルター」を通して
見てしまっているからです。

 

「他人のフィルター」を通してみれば、
基本ができていない、情けないことに
見えるかもしれません。

でも「自分のフィルター」を通してみれば、
それ以前に、

「短期バイトを始めるという、
勇気を持って行動を起こした自分」

「成長しようと頑張っている自分」

がいるわけです。

 

まずは、それを認めるべきであって、
それを認めることができれば、

「こんなこともできないのかと沈む」

必要なんてまったくないはずです。

 

そりゃやっぱり、人から怒られれば、
気分いいものではないし、
落ち込むこともあるでしょう。

でも、それを引きずって、
自分を責める必要はまったくありません。

 

自分は頑張っているのだから、
それでいいのです。

 

「1日中引きこもってたのが、
夜間少しだけでも外に出られるようになった!」

「週1だけど仕事を始められた!」

「汚かった部屋を掃除した!」

「1日1回、おはようの一言だけど、
言えるようになった!」

 

以前できなかったことが
できるようになったということは、

どれもスゴイことだし、
自分は頑張っているという
証拠でもあるんです。

 

自分のことを、
他人のフィルター、
他人の物差し、
一般的な常識で測るのではなく、

自分自身がどれだけ成長しているか、
昨日の自分より、
1年前の自分より、
どれだけ進歩しているかを、

「自分のフィルター」で測ることが
すごく大切だと私は考えています。

 

そうしないと、
今後どれだけ頑張って成長しても、
常に新たな他人のフィルターによって、
自分を苦しめてしまうことになりかねません。

頑張っても頑張っても
つらい状況から抜けられなくなってしまいます。

 

逆に自分自身を
「自分のフィルター」で見ることができるようになれば、
他人に何か傷つくようなことを言われても、
立ち直りが「圧倒的に」早くなります。

 

一時的に落ち込んでも、
すぐに自分の気持ちを切り替えて、
次の行動に進むことができるようになります。

 

行動が早くできるようになるので、
成長も加速していきます。

 

ストレスも激減します。

 

私自身がそれをできるようになって、
「自分のフィルター」で見ることの
大切さを身にしみて実感しています。

 

もっとかんたんに言い換えると、

「他人と比較しない」

「人は人、自分は自分」

と、割り切ることが大切です。

 

他人があなたのことを
なんて言おうとも、

あなたはあなたで頑張っている。

少しでもいい方向に進もうと
もがいているはずです。

 

そんな頑張っている自分を、
まずは自分で認めてあげてください。

自己嫌悪や自己否定をするのではなく、

自分だけは自分の味方に
なってあげてください。

 

たとえ今がどんなにひどい状況でも
まったく関係ありません。

重要なのは、今のあなたのベクトルが、
ちゃんと上に向いているか。

過去を振り返ってばかりでくよくよせず、
前を向いて頑張っているかどうか、

大事なのはそこだけです。

 

今の私も立場はあなたと同じです。

「他人のフィルター」でなく、

「自分のフィルター」を信じて、

お互い頑張っていきましょう!!

 

ではまた!

スポンサーリンク