challenge

 

こんばんは、アユムです。

 

ここ数日は「自分を変える」ということについて、
私が考えいていること書いています。

→ 重要なのは「今の自分が変わる」こと

→ 今の自分を変えるために3つの「○○を変える」

→ 「失敗」をどう考え、どう対処するか

 

今日もこの関連で、
もう一つ、大事なことをお話します。

これも、私が「勘違い」していたばかりに、
もがき苦しみ続けた原因の1つです。

 

それは何かというと、

「自分が変わろうとすると必ず反動がある」

ということ。

 

別の言い方をすると、

「変化しようとしても、すぐ元に戻ってしまう」

ということです。

 

たとえば・・・

・ダイエットしてもすぐに元の体型に戻ってしまう。

・禁煙しても続かない

・新しい習慣がなかなか身につかない。

・外に出て仕事を始めたのに、辛くてまた引きこもってしまう。

・頭ではダメだってわかっているのについついやってしまう。

・本を読んだりセミナーに行って触発されるが、数日たつといつもの自分に戻っている。

などなど・・・

 

みなさんも心当たりがあるでしょう。

 

「変化しようとしても反動がある、すぐ元に戻ってしまう」

なぜこうなってしまうのか、

 

これにはちゃんとした理由があります。

 

「人間にはもともと現状を維持しようとする性質がある」からです。

 

専門的には「現状維持バイアス」とか
「現状維持機能」などと呼ばれているようです。

これは「誰もが持ってる」本質的な部分です。

 

人間は元々、新しいことをしたり変化することを好みません。

変化しようとすると、それに抵抗して
現状を維持しようとします。

 

問題なのは、それがあなたにとって、

「良いこと」であろうが、

「悪いこと」であろうが、

現状を維持しようとすることです。

 

だから、

悪い習慣がなかなかやめられません。

良い習慣がなかなか身につきません。

 

引きこもりを続けている人は、

引きこもりから脱出しようとすると

無意識の中で現状を維持しようとするので、

引き戻されやすくなります。

 

自分は頑張って脱出しようとしてるのに、

実際に外に出ると予想以上に辛いと感じ、

「自分には無理だ・・・」とまた引きこもってしまう。

これも一種の現状維持機能が働いているからです。

 

辛さに耐えられなかったり、物事が続かないのは、

よく「意志が弱いからだ」と言われることも多いですが、

それだけではありません。

 

「誰もが持っている」現状維持機能が働くので、
それは自然なことなんです。

ある意味「しょうがない」ことでもあるんです。

 

もちろん中には、
その「現状維持機能」を意志の力でぶち破って
急激に自分を変化成長させることのできる人もいます。

それができる人は、ほんとスゴイし素晴らしいと思います。

でもそういう屈強な精神を持っている人は「少数」です。

「大多数の人」は現状維持機能に大きく影響されます。

 

新しいことを始めようとしても、

自分を変えようとしても、

ついつい引き戻されてしまうのは、

「誰にでもあること」で、そして「自然なこと」なんです。

 

 

前置きが長くなってしまいましたが・・・・

 

「え!?まだ前置き?・・・いくらなんでも長すぎやろっ!」

って突っ込まれそうですが(^_^;)

 

すみません。

以上のことを踏まえて、私が今日一番お伝えしたいことがあります。

 

それは・・・

 

自分を変える行動をして、上手くいかなくても、
失敗しても、また元に戻ってしまっても、

「それはあなた自身がダメだ」ということには決してならない。

ということです。

 

自分を変えようとして、新しいことをして上手くいかないのは、
あなただけではない、誰にでもよくあることなんです。

 

現状維持機能が働くので、
誰であっても、現状から変化しようとすると
無意識に抵抗して元に戻ろうとするんです。

 

そのことを理解した上で、
失敗をどう捉えて、次の行動にどう活かしていくか、
これが一番重要です。

 

ですから、絶対にやってはいけないこと。

「上手くできない」「失敗した」=「ダメな自分」

というのは、完全に間違った考え方です。

 

この考え方をしていると、いずれ身を滅ぼす危険があります。

私自身長い間、20年以上ずっとこんな考え方だったために、
自分で自分をどんどん貶めてしまいました。

失敗するたびに嘆き悲しみ、自己否定、自己嫌悪を繰り返し、
最後に行き着くところはいつも「絶望」です。

失敗から学ぶことをせず、同じ失敗を繰り返しました。

 

こんなことしたって何一ついいことはありません。

自分の将来にプラスになるどころかマイナスでしかありません!

上手くいかなくても、失敗しても、
決して自分がダメな人間だとは思わないでください。

 

失敗するたびに嘆き悲しみ、自己否定してたら身が持ちません。

そんなことしてたら5000回失敗したエジソンなんて、
命がいくつあってもたりませんよ(笑)

成功している人ほど失敗もたくさんしています。

 

自分を変えようとして、上手くいかなくても、

「それは反動だからしょうがない。」

「現状維持機能が働くから当然だよな。」

そう考えて、自分を貶めないようにしてください。

 

そして、失敗したことを嘆き悲しむのではなく、単なる事実と捉えて、

「じゃぁどうする?」

「次はどうやったらうまくいくだろう」

「他にいい方法ないかな」

と考えて次の行動をし続けてください。

 

 

・・・とは言っても、実はこれも簡単ではありません。

長年体に染み付いてきた考え方にも
「現状維持機能」が働きます。

新しい考え方に変えようと思っても、
しばらくするとすぐに元の「今までの自分」に戻ってしまいがちです。

 

でもそんなもんです。それが自然なんです。

「自分には無理」と悲観することなんてまったくありません。

 

新しい考え方も、事あるたびに意識し続け、
いつもとは違う行動も、断続的でもいいので続けていくと、
少しずつ、確実に変わっていきます。

 

そして、自分が変化すること、
新しいチャレンジをすることを続けていると、
いつの間にかそれが自分にとっての「現状」となります。

チャレンジし続けること、変化し続けることが「現状」になるとしめたもんです。

チャレンジしない自分より、チャレンジし続ける自分が自然なので、
無意識にできるし、ムダなストレスもかかりません。

成功し続ける人というのは、
みなさんそういう「良い現状維持機能」が働いてて、
好循環なのだと思います。

私達もぜひそんな
「良い現状維持機能」を作っていきましょう!

 

引きこもりから脱出することは大変です。
ものすごいエネルギーを使うし、
脱出しても思うようにうまくいかないこともたくさんあります。

でも、私は上のように考えることで気楽になり、
自分のペースで頑張り続けることができています。

以前の私と同じように苦しんでいる方がいれば参考にしてもらえると幸いです。

 

最後に、くどいようですがとても大事なことなのでもう一度書きますね。

 

「失敗」=「ダメな自分」では決してありません。

「失敗しても成功するまでチャレンジし続ける」=「最高にイケてる自分♪」

 

という考え方で行きましょう!

 

 

 

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った 
  • 普通 
  • 役に立たなかった