こんにちは、アユムです。

 

物事や経験は、それを自分がどう捉えるかで、

その先の行動が変わり、

そして結果が変わり、

さらには人生が変わる

 

私はそう考えています。

 

今引きこもっている人は、
今の現状をどう考えているでしょうか。

過去に引きこもった経験のある人は、
その経験を、自分の中でどう考えているでしょうか。

 

スポンサーリンク




ひきこもりの経験が教えてくれたこと

私自身はトータルで10年ほどひきこもりましたが、
その経験を、今どう捉えているかについてお話します。

 

昔、引きこもる以前の自分に戻れるなら、
そこで引きこもりを選択することはないでしょう。もちろん。

でも、もはや戻ることのできない今現在は、
ひきこもってしまったことを後悔はしていません。

 

それよりも、長くひきこもったことで
自分が学んだことがたくさんあると思えるようになりました。

 

・親のありがたみ

・人は一人では生きていけいないこと

・辛い思いをしているのは自分だけではない。

・自分と同じように生きづらいと感じ引きこもっている人が世の中にはたくさんいる。
 
・普通に見えても、多くの人が外からではわからない悩みや辛い思いを抱えている。

・他人と過去は変えられない

・自分のしたこと(過去の経験)は自分で責任を負わなければいけない

・他人はコントロールできないが、自分自身はコントロールできる。

・自ら命を絶つと間違いなく後悔するので絶対にやらない

・情報があふれている今、「どの情報を選択するか」が一番大事

・何をするにも健康と体力が一番大事

・精神状態は体の健康と生活リズムを整えるだけでもかなり改善する

・インターネットを使えばお金が稼げる

・ひきこもり中に抱えていた不安の大部分は単なる思い込みに過ぎない

・人生、いつからでもやり直せる

などなど。。。

 

当たり前のように思えることでも、
心から実感して、それを行動に反映できているかどうかはまた別です。

 

私は、長期にわたってひきこもりを繰り返し、
つらい思い、苦しい思いをずっと抱えながら悩み続けてきました。

そのおかげで、時間がかかりましたが、
上にあげたようなことを、心から理解することができたし、
それが今の行動に大きな影響を与えています。

※今は「悩む」こと自体が無駄だと思ってるので、
できるだけ「悩む」より「考える」ように努めていますが、
過去に悩んでしまったことにはそれなりの意味があると思っています。

 

そして、その経験から学んだことが、
これからの仕事や人間関係に活用でき、
まさに「自分らしく生きる」ことのできる、
貴重なツールを得られたと思っています。

 

このように考えると、自分にとっては、
ひきこもりの経験も大きな意味を持っていて、
後悔するどころか、逆に感謝しているくらいです。

 

プラスになる材料を意識して集める

今ひきこもっている人が、
現状についてどう思っているかは
人それぞれだと思います。

ただ、ひきこもりから脱出したとき、
今の経験は必ず役立ちます。

悲観することなど一切ありません。

 

ひきこもりについてマイナスの面を考えると、
悪い材料はいくらでも出てきます。

考えるほどに、どんどん辛くなってくるし、
そのうち絶望感に襲われます。

 

人間は基本的にマイナス思考だと私は思います。

なので、意識していないと
どんどん悪い方向に考えてしまいます。

意識的に、積極的に、
プラスになる材料をたくさん集めてください。

 

ひきこもりから脱出するという行動を起こすには、
準備も必要ですし、何より大きなパワーを必要とします。

行動を起こすための勇気も必要です。

その勇気を後押しするためにも、
自分にとってプラスになる材料をたくさん集めてください。

集めれば集めるほど、
勇気も、自信も、積極性も、行動力も
アップするのに役立ちます。

 

ひきこもり脱出、社会復帰にプラスになりそうな情報は、
このブログでも、できるだけたくさん発信していきます。

このブログの情報をすべて取り入れる必要はありません。

私にとっては正解でも、
貴方にとってはそうでないこともたくさんあるのが当然なので。

ただ、自分が共感できるものがあれば、
それだけでも参考にしていただき、
自身のひきこもり脱出に役立てていただければうれしいです。

 

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った 
  • 普通 
  • 役に立たなかった