こんにちは、アユムです。

以前このブログで、

自分が持っていないものより、
持っているものにフォーカスして考えよう
という内容をお話しました。

→ ないものねだりは不幸の始まり(ひきこもりVer.)

 

今日はその内容の補足です。

言い方が違うだけで、内容がかぶってる部分もあると思いますが、
とても大事なことなので、理解を深めるためにも読んでもらえればと思います。

 

スポンサーリンク




ひきこもりの絶望感と2つの間違った思い込み

引きこもりは、外との接触が遮断されるので、
時間がたつほど視野が狭くなる可能性があります。

 

自分が持っているものより、
自分にないものにばかりに目が行ってしまうので、

「自分は~がないからダメだ」

「自分は~できないから社会復帰は無理」

とばかり考えてしまい、
行き着くところは「絶望」です。

 

私が引きこもっていた頃はそんな感じでした。

自分にはもう何もない。

こんなので外に出ていけるわけがない。

外に出たとしても、また辛くて逃げてしまうだけ。

やれることは全てやった。

頑張っても何も報われない。

成長するどころか、逆に後退している気さえする。

社会復帰なんてもう無理。

ただただ絶望。

もう何も考えたくない。

・・・・

 

自分で自分をどんどん追い詰めてしまっている感もありました。

でも、だいぶ後になってこれが間違いだと気づきました。

 

今回注目してもらいたいのは、先ほどあげた、

「やれることは全てやった。」

「頑張っても何も報われない。」

という2つの「思い込み」です。

 

私は、ひきこもりから外に出て、社会復帰に向けて行動するたびに、
この2つを何度も何度も本気で思っていました。

それで、ひきこもりと脱出を繰り返すたびに自信を喪失し、
絶望感だけがどんどん大きくなっていったというわけです。

 

ようやく社会復帰できた今、
振り返って思うのは、この2つの思い込みは完全に間違っていたということ。

 

「やれることは全てやった。」

→ 他にもやれることはたくさんあるのに見えていないだけ。

 

「頑張っても何も報われない。」

→ ひとりよがりの頑張りでしかない。
  それに本当は報われている部分もあるのに忘れている。

 

ただ、ひきこもり中は視野が狭いので、この間違いに気づかない、
あるいは言われてもなかなか受け入れられないかもしれません。

 

「女性にモテるための話」から気づくこと

 

ここでひとつ、私がハッとさせられた話を紹介します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

大成功している実業家のKさんが、セミナーの中で
「女性にモテるには」というテーマで話をしました。

女性にモテるための服装や、話術、
アプローチの方法など。。。

 

ひと通り話が終わった後、
質疑応答で、ある参加者がKさんに質問をしました。

 

「今日のお話はよくわかりました。

でも。。。。

結局は、Kさんだから
モテるんじゃないですか?

Kさんのように、仕事で成功してて、
お金があって、スタイルも良くて。。。。

 

私は、お金も持ってませんし、
スタイルも顔もよくありません。
コミュニケーションも下手だし、
女性の前ではすぐオドオドしてしまいます。

 

女性にモテる要素など何ひとつないのに、
そこからKさんのようにモテるようになれるとは
どうしても思えません。」

 

この質問に対して、
Kさんは、少し怒り混じりの表情でこう答えました。

 

「では、あなたにお聞きします。

あなたは、女性にモテるようになるために、
自分ができることをすべてやってみたのですか?

 

モテる方法や、コミュニケーション術、
恋愛の駆け引きについてなどに関するあらゆる情報を、
本やネットでくまなく調べましたか?

そしてそれらを実際に行動に移しましたか??

 

私はやりましたよ。

女性にモテるために、恋愛に関する本を
ムチャクチャたくさん読みました。

ネットでも情報を沢山集めたし、
恋愛セミナーにも参加しました。

そして学んだことをどんどん実践しました。
繰り返し行動して、たくさん失敗もしました。

だからモテるようになったんです。

 

あなたはなにか、私がたいした努力もせずにモテるようになったと
考えているようにも見えますが。。。

正直私は、少なくともあなたの100倍以上行動してます。

モテるために、あなたよりもはるかに多くの努力をしていると断言できます。

 

あなたは、

「顔が悪いから」
「面白くないから」
「コミュニケーションが下手だから」

と、モテない理由ばかり並べて、
結局何も行動していないんじゃないですか?

 

挙句の果てに「Kさんだからモテるんでしょ」なんて言われ。。。

正直心外です。

 

世の中には、あなたの言う
顔が悪くても、お金がなくても、
口下手でも、歳をとっていても
女性にモテる人はたくさんいますよ?

なぜそれでもモテるのか、よく考えてみてください。

 

お見受けするに、あなたは少し体型がメタボ気味で、
お世辞にもスタイルがいいとは思えません。

それに服装もヨレヨレだし髪型も野暮ったい。

 

こういうのって、少し努力すれば、
いくらでも改善できるじゃないですか。

その努力をするのに、
顔が悪いとか口下手だとか関係ないでしょう。

 

ダイエットと筋トレでスタイルをよくして、
清潔感のある服を着てください。

それだけでも女性から見た印象はガラッと変わりますよ。

 

それ以外にも、女性にモテるために、
今あなたにできることはいくらでもあります。

まずはそれをできるだけ多く実践してください。

 

あなたがやれるだけのことをやった後で、
それでもやはり「Kさんだからモテる」と思うのなら、
その時また同じ質問をしに来てください。」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この話を聞いた時、私はすごく考えさせられたし、
今でも強烈に印象に残っています。

 

この話を、引きこもっていた頃の自分、
ひきこもりから脱出して、
社会復帰するために頑張っている自分に当てはめた時、
昔の自分はこのセミナーの質問者と同じだったことに気付かされます。

 

・自分に足りないものばかりに目を向け、
 できない理由ばかり並べては悲観していた。

・自分では頑張ってたつもり。
 「やれることはやりきった」とさえ思っているが、
 実際にはたいして行動していない。

・「今自分にできること」はたくさんあるのに見えていない。

 

今でもよくこの話を思い出しては、

「自分にないものにフォーカスしてはいけない」
「今自分にできることをしっかりやろう」

と自分に言い聞かせています。

 

「今できることから」「少しずつ」「今から行動」

あらためて考えてみましょう。

・ひきこもっている今、
 あなたが持っているリソース(資源)は何でしょうか?

・それを使ってできることは何でしょうか?

・できるだけたくさんあげたら、できるものからでいいので、
 どんどん実践してみてはどうでしょうか?

 

私はこういうことを考えずに、
ひとりよがりな行動ばかりしていたので苦しみました。

結果もなかなか出ませんでした。

頑張ったつもりなのに成長している気がしませんでした。

 

ひきこもりから脱出し、社会復帰するために、

自分に足りないもの、自分が持っていないものがあったとしても、
「だからできない」ということは決してありません。

自分が持っているものを使ってできることが
実はやりきれないほどあることに気づいてください。

 

たとえば、このブログを見ているということは、
インターネットが使えるということですよね?

実はそれだけでも、ものすごい強力な武器になるわけです。

ネットで調べれば、ひきこもり脱出に役立つ情報がたくさん手に入ります。

その情報を元に、
「今自分ができること」をピックアップして、
それを行動につなげていけば、
手詰まりになって「自分にはもう無理」なんてことにはなりません。

 

やれることはまだまだたくさんあります。

「今できる」小さなことからでいいので、「今から」行動しましょう。

 

その小さな行動はすぐに結果には結びつかないかもしれません。

でも「少しだけど、自分は前向きな行動をした」という積み重ねが、
自信にもつながり、さらなる大きな行動の原動力になってくれるはずです。

少なくとも、何も考えずにダラダラしている生活よりも、
確実に自分が成長できます。

 

「今できることから」「少しずつ」「今から行動」

これを続けていれば、必ずひきこもりから脱出できるはずです。

 

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った 
  • 普通 
  • 役に立たなかった