hand_batsu

 

こんばんは、アユムです。

インターネットで引きこもりについて検索していると、
否定的な意見や情報がたくさんあります。

特に30代以降の高齢での引きこもりについては、
厳しい意見、辛辣なコメント、ときに見下され、ときに罵倒され、
それはもう、見ただけで胸にグサグサ突き刺さります。

 

今現在の私自身は、そういう引きこもりにとってマイナスになる意見や情報に対し、
肯定も否定もしません。

世の中にはいろんな意見があります。

一般的に「引きこもりが良いか悪いか」と考えると、
良いこととはいえませんよね。

引きこもらない方がいいに決まってる。

それは自然な考えとも言えるわけです。

ですので「引きこもりが悪い」という意見や考えも、
単なる事実として受け止めればいいだけです。

 

インターネット、テレビ、ラジオ、書籍・・・

これらの発信する情報の中には、
引きこもりから脱出する上でプラスになる情報、
それを見て、知って、「脱出できるように頑張ろう」って、
自分が奮起できるような意見や考え方がたくさんあります。

 

同様に、引きこもり当事者にとってマイナスになる情報、
それを読むと、余計に傷つき、落ち込み、将来を悲観、絶望してしまうような意見や情報もたくさんあります。

 

引きこもりに対して、どんな意見や考えを持とうが、
それは「個人の自由」です。

 

ただ、逆に言えば、

「世の中にある様々な意見や考えの中から、自分がどれを選択し、
どの意見や考えを信じ、どれを自分に取り込んでどう行動していくか」

これもまた「個人の自由」なわけです。

 

つまり、引きこもりに対して否定的な意見や考えがあるのは全然構わないのですが、

「それをあなたが鵜呑みにする必要は全くない」ということです。

 

「引きこもりにとってマイナスになる情報」ばかりを見て嘆くのも、
「個人の自由」だし「その人の選択」です。

でも、それをいくらしたって引きこもりから脱出できるわけではありません。

むしろ行動できないので引きこもりが長引くでしょう。

 

引きこもりから本当に脱出したいのであれば、

「引きこもりから脱出するためにプラスになる情報」をたくさん集めて、

いろいろ行動してみる方が良いと思いませんか?

 

「どちらを選択するかはあなた次第」です。

 

毎日の行動を少し振り返ってみてください。

あなたは、自分にとってプラスになるような情報をよく見ていますか?
それともマイナスになるような情報をたくさん見てしまっていますか?

 

引きこもりから脱出するには、マイナスになる情報はできるだけ避け、
プラスになる情報に出来るだけ多く触れた方がいいに決まってます。

 

私も昔はマイナスのことばかりに目がいって
悲観、絶望ばかりしていましたが、だんだん変わってきました。

つまりあなたが今どれだけ悲観・絶望していたとしても、
この先変わることができるということです♪

今あなたにはそれが見えていない。ただそれだけのことです。

絶望することなんてないですよ。

ではまた!

 

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った 
  • 普通 
  • 役に立たなかった