こんばんは、アユムです。

 
先日、ひきこもりは体力が落ちていることを
自覚しようというお話をしました。

→ 体力の無さを自覚しないと引きこもりを繰り返す

 

体力にも「身体的体力」と「心の体力」2種類ありますが、
今回は身体的体力に絞り、「運動」についてお話します。

 

ひきこもる期間が長いと、運動量が減るので、
間違いなく体力が落ちます。

ですので、ひきこもりから脱出するためには、
できるだけ体力をつけておいた方がいいです。

 ひきこもり前までとはいかないまでも、
せめて今現時点の体力を維持したいところです。

 

とはいえ、何も考えずに惰性で生活していると、
体力はどんどん落ちていくので、意識して運動をしなければなりません。

 

私はひきこもり中、運動という運動をしたことが
一度もありませんでした。

部屋からまったく出ないばかりか、
部屋の中でも動くことが少なく、じっとしていることがほとんどでした。

体力は落ちるところまで落ち、
ひきこもりから抜けだした直後は、ちょっと歩いただけで疲れたり、
ちょっと人と話しただけでグッタリしていたのを覚えています。

 

体力がなければ、ひきこもりから抜けだしても、
完全に社会復帰するまでに余計に時間がかります。

少しでも早く社会復帰するためにも、
今ひきこもっているあなたには、
是非今日からでも運動を実践してもらいたいと思っています。

 

スポンサーリンク




ひきこもり中でもできる2つの有酸素運動

では実際にどんな運動をすればいいのか?

 

運動は大きく分けて、
ジョギングなどの「有酸素運動」と
高負荷筋トレなどの「無酸素運動」があります。

ひきこもりにとって、より重要なのは、
基礎体力を上げる効果の大きい有酸素運動です。

 

とはいっても、ひきこもりながら
ジョギングなんて無理ですよね(笑)

そこで、ひきこもりながらでもできる
有酸素運動のポイントとして、

・室内でできる
・簡単にできる
・現在の自分の体力レベルに合わせてできる
・器具を使わない
・お金がかからない
・無理なく継続できる

という条件に合うものを探してみました。

 

私のオススメは、

・ラジオ体操

・スクワット運動

の2種類。

 

どちらでもいいので、興味があれば是非やってみてください。

 

ラジオ体操

だれでも知っている一番ベーシックな運動ですが、
「短時間で総合的な運動ができる究極の全身運動」
とも言われています。

私も久しぶりにやってみましたが、
ラジオ体操も真剣にやると結構疲れますね。

 

第一と第二、ともに3分程度なので気軽にできます。

ただ、特に第一は、子供の頃学校や町内会で
さんざんやらされてた感もあってちょっとつまらない(笑)

そこでちょっと楽しみながらできそうな動画を見つけました。

 

「笑い」も気分をほぐしてくれるのでとても重要です。

 

 

第二はいたって普通です。

 

スクワット

スクワットは部屋の中でも気軽にできて
効果の高い有酸素運動のひとつです。

わたしも運動不足の時はスクワットをよくやりますが、
結構疲れるし、身体に効いているのを実感します。

 

スクワットにもいろいろ種類がありますが、
整体院の先生が実践している動画があったので2つ紹介します。

 

 

 次の動画は、少しやり方が異なりますが、
ケガをせずに運動するためのポイントが解説されているので参考になります。

 

スクワットはやり方を間違えると腰や膝を痛めることもあるので、
自己管理のもと、無理のない範囲で運動してください。

 

大事なのは「毎日続けること」

以上、ひきこもりながらでも
なるべくストレスなく簡単にできそうな運動を2つ紹介しました。

 

どちらも自分の現在の体力レベルに合わせて
無理のない範囲でやってください。

 

重要なのは、どんな運動をするかでも、
運動する時間でもありません。

「毎日続けられる」

ということが最優先事項です。

 

とはいえ、部屋で一人で運動なんて、
おもしろくないし、面倒だし、すぐには効果が見えにくいので、
毎日続けるのはなかなか難しいでしょう。

でも、体力をつけておくことが、
ひきこもり脱出にとても大切なことなんだと理解して、
「やろう」「やってみよう」と思ったら、是非チャレンジしてみてください。

 

運動できない日があっても全然OK。
次の日からまた再開すればいいだけです。

あきらめずに続けていれば必ず習慣になり、
それがひきこもり脱出の大きな力になってくれますよ。

 

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った 
  • 普通 
  • 役に立たなかった